スタジオ予約システムイメージ

 

さすが「スタジオ専用」!


「スタジオ予約システム」の提供開始から19年の実績をいただきました。
コンセプトは、創業時から変わることなく
「スタジオの役に立ちたい」
この思いが、「スタジオ予約システム導入実績No.1」の実績をいただけたのでしょう。

さすが「スタジオ専用」!
スタジオ様で、よくお聞かせ頂く声です。
「お客様」に感謝と、今後も現場の声をシステムに反映していきます。


 

機能概要

まるでオーダーメイドのような使用感
WEB予約の導入メリットを語る時代ではなくなりました。
リアルなスタジオ運営にフィットさせる100項目以上の設定で「かんたんなこと」を詳細に。
例えば、空き状況は...
「会員様だけ公開?」「すべて公開?」「一部公開?」

基本は、「フェイスtoフェイス」のアナログ運営の現場を、
システムが違和感なくサポートしてくれます。
つまり、現場の声が形になったシステムです。

 

さらにスタジオ運営を極める
例えば、機材管理オプション。
スタジオと同時に機材予約はもちろんですが、その機材は
「外部レンタルも兼ねた機材?」「返却日時は?」「その間の在庫は?」
「外部・内部貸出」を一元管理して、必要な日時にボタンやアイコンが表示して
忘れていてもシステムがサポートしてくれます。

また、高いセキュリティ管理を求めるスタジオ様。
現在の会員番号のままでシステムを稼働させたいスタジオ様でも対応できます。

オプション機能

 

ご利用料金

規模に合わせたプラン
スタジオの規模にあわせてプランを選択できますので投資効果を高めます。

「エコノミー」以外は店舗数や部屋数に制限はなく、さらに大規模なシステム構築や、
特別なカスタマイズをご検討の場合は「プレミアム」など選択いただけます。

 

システムをお試しください
実店舗のスタジオに合わせて、デモシステムを準備できます。
「部屋名」「営業時間」「スタジオ料金」「機材」など、WEBページを拝見して、
可能な限りリアルな内容に準備しますので、導入シミュレーションができます。

また、開業前でもどうか遠慮なくお申込みください。
本物のスタジオ専用システムがご覧いただけます。

お試し利用

 

実績

実績の源泉
スタジオの現場には、メールや電話では伝わらない運用スタイルがあるはずです。
私たちにとって効率は良くありませんが、現場に足を運びお話を聞くこと。
そして、その「お話」をシステムに反映させる。
スピードよりも確実にシステムを作る王道。

これが、スタジオ導入実績No.1の源泉かもしれません。

 

リザーブマート「スタジオ予約システム」のイメージ

リザーブマート「スタジオ予約システム」は、リアルタイムなスタジオ予約状況から、会員さまのパソコンやスマートフォンからオンライン予約できるシステムで、会員さまの利便性を飛躍的に高めます。

また、管理側システムは、現場で鍛えた本物の機能が窓口のご担当さまが「直観的」に操作できる工夫がされており、使い込むほど楽しい本質を追求したスタジオ業務システムです。

システム提供イメージ

 

リザーブマート「スタジオ予約管理システム」の特長

スタジオの運営スタイルにフィットさせたシステムを提供できます。

1.直感的な操作性!
  • 管理側では予約台帳を見たり、書き込むような自然な操作感で運用できます!
  • 連続した時間の予約でもチェックボックスをドラッグするだけの操作性!
  • それぞれの予約箇所は「機材予約」「入金有無」「キャンセル料有無」などを一瞬で把握できる視認性!
  • 複数店舗や部屋数が多いスタジオでもひとつの画面だけで全体が把握できる使いやすさ!

 

2.信頼のシステム環境!
  • 安全性に視点を置いたシステムです。
  • 情報漏えいの多くは、内部トラブルに原因がある事実にも配慮したシステムです。
  • システムの安全性と、操作する「人」に視点を置いたシステムです。

 

3.予約データを使いつくす!
  • 標準機能でグラフ付統計データ出力!予約データは経営戦略の源泉です!
  • 予約の少ない曜日、季節、時間帯など統計データに裏付けされた戦略へ!
  • リアルタイムに蓄積される統計データは、経営者の羅針盤です!
  • CSVデータをダウンロードすれば、独自の分析に生かすことも可能!

 

4.永続的な運用実績
  • スタジオ様と共に積み上げたシステムがスタジオ導入実績No.1の証です。
  • スタジオ様に育てていただいたノウハウは、スタジオ業界の発展に貢献します。
  • スタジオ様が生き残り成長するツールとして今後も永続的な運用で安定提供していきます。
  • スタジオ業界との共存共栄が願いです。

 

※ 詳細は「システムの概要」をご覧ください。

トップへ戻る